現在の閲覧者数:

プロフィールじゃなくてヒトコト

なまえ:きえさりそう
頂いたTBには返信しておりますが、一部届かないブログ様もあるようです。適宜再送しておりますが、それでも不着の場合は何卒ご容赦願います。

ゆったり適当にだら~んと更新しています。
全話感想はしておりません。
感想を書きたい時に書きたい分だけ適度に書いてます。

―――――――――――――――
超不定期更新です。

にしても唐突に復帰しすぎだろwwwww


最近の記事


カテゴリ


最近のトラックバック


カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント


天気予報&古いプラグイン等


-天気予報コム- -FC2-


「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

ブログ内検索


にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ 無料blog にほんブログ村 アニメブログへ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:終 了鉄のラインバレル
絵美の犠牲によりマキナの力を無力化するという真の能力に目覚めた
ラインバレルだったけど、それでもマサキには敵わない。

最後の手段として用意されていたのは全マキナのエネルギーを
全てラインバレルに注ぎ込むという方法。
しかしその代償は大きく、力を提供したファクターの命と引き換えというもの。
メガザルの強化版みたいなものかな?


皆の助けもあって無事にマサキを撃退し、異世界からの侵略者も
封じ込めることができた。
けど、ファクターは全員死亡、かつラインバレルは異次元に飲み込まれてしまった・・・

と思ったんだけど、なぜか全員無事だった。
おまけに絵美までラインバレルがその命と引き換えに生き返らせてくれた。。。

う~ん、、、幾分腑に落ちないところもあるけれど、敵に取り込まれた一般人も含め
全員無事で良かった。


ちなみに復活した絵美はちょっと積極的になった?
浩一に名前で呼ぶよう迫る姿が可愛いすぎる!w



にしても、あれだけゴタゴタした話だったのに最後は綺麗にまとまったなぁ。
前半は浩一のおバカさ加減にムカッとくることもあったけど、
いつの間にかその浩一のおバカな行動を期待するようになっていたし、
それにどんどん成長していく、というかまともな人間になっていく浩一の様子を
見るのは面白かった。

あと、たまたま最終話見終わった後に第1話を見たんだけど、
第1話の最初で、城崎博士は既に登場していたんだね・・・。



鉄のラインバレル Vol.4 [DVD]鉄のラインバレル Vol.4 [DVD]
(2009/03/25)
柿原徹也能登麻美子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:終 了鉄のラインバレル
加藤機関がずっと対策を進めてきていた次元を超えた侵略が
遂に始まった・・・。
今のところ敵の正体がイマイチはっきりしないけど、人間を浚って
受精卵から遺伝子レベルにまで退行させているところを見ると
侵略意思があるのは明らかみたい。

全人類を全て一つにまとめる・・・
人類補完計画もそんな感じのものじゃなかったっけ?



加藤機関の元メンバーも何人か敵陣営にまわっているみたいだった。
いつの間にそんな状況になっていたんだろ?(^^;
前回そんな話があったのかもしれないけど、JUDAと加藤機関の
共闘宣言によるインパクトが大きすぎて覚えてないw



森次と共に敵陣に切り込むことになった浩一だったけど、
マサキとの戦いの中で絵美が・・・!
まさかあんなところで絵美が死んでしまうとは思わなかった。
まぁまだ確実ではないんだけど、あの傷と出血量じゃ厳しいでしょう。

矢島みたいに加藤機関に拾われて・・・っていうのも加藤久嵩が
散ってしまった以上、可能性は低そうだし・・・。


皮肉なことに絵美を失った(憶測)ことで、ラインバレルが真の力に目覚めた。
しかしその代償は余りにも大きい・・・。

ってなんか、ポップのメガンテと引き換えに記憶を取り戻したダイみたい。(^^;


ただ、いくら真の力に目覚めたとはいえ、圧倒的な戦力差がるという状況は
変わらないわけで、、、勝ち目はあるんだろうか。
まさか最後に実は理沙子にも秘めたる力が・・・ってことはないよなぁw



Dragon quest―ダイの大冒険 (1) (集英社文庫―コミック版)Dragon quest―ダイの大冒険 (1) (集英社文庫―コミック版)
(2003/06)
三条 陸稲田 浩司

商品詳細を見る

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:終 了鉄のラインバレル
え・・・っと?
加藤機関と共闘?

いきなりなんということでしょうw

久嵩の今までの行いは全て、異世界からの侵略に対抗するための
力を蓄える準備だったらしい。
というよりは、JUDAのメンバーを鍛えるため、だったのかな。

浩一も言っていたが、その割りには多くの犠牲を出しすぎなような・・・。
けど実際のところ、それくらいやらないとみんな本気にならないだろうし、
短期間でJUDAを育て上げることなんて無理だったんだろうけど・・・
浩一達にとっては腑に落ちないだろうなぁ。

っていうか、ここ最近の美海や山下に対する罵詈雑言も、全てはJUDAの成長を
促すためのものだったのか・・・。



ついでに明かされる、加藤久嵩と絵美の過去。
二人の苗字が異なっているのは、久嵩だけ母方の旧姓を名乗っていたからみたい。
一体何のために・・・?
父親を自分の手で殺したことに対する償いみたいなものなんだろうか。

どちらにしろ息子のアンドレイの勘違いで一方的に殺されたスミルノフ大佐よりは
幾分マシではあるけれど、あんまり後味は良くないよなぁ。



鉄のラインバレル Vol.4 [DVD]鉄のラインバレル Vol.4 [DVD]
(2009/03/25)
柿原徹也能登麻美子

商品詳細を見る

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:終 了鉄のラインバレル
子供の頃の森次さん・・・浩一と同じじゃんw
いや、最初っから強かった分、浩一よりも性質の悪い正義の味方かも。

懲らしめられた不良が、その報復ってだけで森次の姉を刺殺っていうのも
短絡的だよな・・・。
頭の悪そうな不良らしいっていえばらしいんだけど。


そんな過去の悲惨な話を森次から語られた山下は、情に流されるのかな~?
とも思ったけど、JUDAを裏切ったことに対する憎しみの方が強かったみたい。

っていうか、スカスカ言い過ぎじゃないっスカ?(^^;
語尾に妙な言葉を付けて喋る人になっちゃったのかと思ったにゅw


逆上した山下はマキナを呼び出して森次さんを終わらせる!と戦いを挑むんだけど、
当然のごとく全く相手にならなかった・・・。

美海の次は山下が敵にけなされる番らしい。
そして、危機一髪!っていうタイミングでこれまた美海の時と同じように
浩一が助けに入ってきた。

ひょっとしてパターンが決まってるのか?(^^;
とすると次はシズナとイズナが同じように追い詰められるのかな。



山下が必死に戦っている頃、戦艦になったJUDA本社で浩一は絵美と美海に
挟まれてイチャイチャ。(^^;
あの精密検査で一体何がわかるんだかさっぱりわからない・・・。
っていうか、のんきだなぁ



ぱにょぱにょ デ・ジ・キャラット キャラソンだにょ!(CCCD)ぱにょぱにょ デ・ジ・キャラット キャラソンだにょ!(CCCD)
(2002/07/31)
TVサントラ榎本温子

商品詳細を見る

鉄のラインバレル Vol.4 [DVD]鉄のラインバレル Vol.4 [DVD]
(2009/03/25)
柿原徹也能登麻美子

商品詳細を見る

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:終 了鉄のラインバレル
スランプに陥った美海。
レイチェルによる戦力外判定を耳にしてしまった時は大丈夫かな~と
思ったけど、とりあえず一心不乱に訓練することで気を紛らわせていたみたい。



けど、結局次の戦闘でも目立った活躍はできなくて
せめて浩一だけでも救おうとして、敵もろとも自爆しようとする美海・・・。
まさに美海の浩一に対する想いの強さがなせる技、メガンテ!(違)

ってなんか米軍のジュディも同じような方法で殉職してなかったっけ?


にしてもなんで浩一ばかり・・・



鉄のラインバレル Vol.3 [DVD]鉄のラインバレル Vol.3 [DVD]
(2009/02/25)
柿原徹也能登麻美子

商品詳細を見る

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:終 了鉄のラインバレル
浩一vs矢島!
最初はマキナで戦っていたのに、なぜか途中で降りてただの殴り合いに。(^^;
まぁ、熱いから良いけど。


何にもわかっていないのかと思っていた浩一は、実は結構色々と理解していて
矢島の理沙子への恋心も気付いていたのか。。。

いつから気付いていたのかわからないけど、もしラインバレル入手前の時期から
知っていたんだったら、それを矢島に悟られずに助けられ続ける浩一も結構な策士かと。


浩一に説得された、というかもう助けは不要宣言をされた矢島はあっさりと加藤機関を
裏切ってJUDAの仲間に。

随分と簡単に裏切るなぁ。
まさかまたこんな調子で浩一を裏切るようなことはしないよな・・・。


JUDAへの執拗な攻撃はスフィアを打ち込むための陽動・・・を意図していたわけでは
ないんだけど、結果的にそうなってしまった。
加藤機関内も色々と不調があるみたい。



あと、JUDA防衛戦では美海のやられっぷりが際立っていた。
マサキにマキナが泣いていると言われて、かなりショックを受けていたし、、、
思いつめて変な行動起こしたりしなければ良いけど。



鉄のラインバレル Vol.3 [DVD]鉄のラインバレル Vol.3 [DVD]
(2009/02/25)
柿原徹也能登麻美子

商品詳細を見る

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:終 了鉄のラインバレル
さらわれた絵美と矢島が喋るシーンがなんとも。
あんな廃ビルに二人っきりなんて・・・不潔ですわっ!w

矢島からのストレートな質問に答えられない絵美。
絵美はおそらく何かを隠しているんだろうけど、
それがファクターである浩一を利用していることに繋がっているんだろう。
だからあんなに狼狽してしまった、と。


矢島は理沙子のために、と言って絵美に浩一から離れるように要求。
矢島自身も理沙子のことが好きなんだろうに、浩一を守ってやりたいがために、
また理沙子の気持ちを成就させてあげたいがために、自らは一歩引いて
浩一と理沙子をくっつけようとする。

なんだかものすごく上から目線な考え方。


一方、成り行きでJUDA本部にいる理沙子も浩一は弱いから守ってあげなきゃいけないと
緒方さんに訴える。

これもやっぱり上から目線な考え方だよなぁ。


浩一はラインバレルのファクターになって、色々経験したおかげか、
周りから悲しまれるくらいにマトモになったというのに・・・w

いつの間にか、矢島と理沙子の方がお子様になってしまった。



加藤機関に完全に取り込まれたかに思えた矢島だけど、
どうも本心から協力しているわけではなく、助けてくれたお礼と浩一達の
幸せのために協力しているだけらしい。

道明寺と似たような状態なんだということはわかったけど、
動機はやっぱり浩一を上から目線で眺めている。



加藤と直接対決、というか対談した浩一は加藤の理想とする正議論を語られ
乗り換えるかな~、とか一瞬思ったけど、そうしなかった。
ジュディーや石神を殺されたことを忘れない、ってことみたい。
一応、ラインバレルを手に入れた当初のはちゃめちゃな正義ではなくて
浩一なりの正義感ができあがってきたのかな?

浩一が手に入らないとわかった途端、加藤にとって絵美は人質の意味を成さず
不要な存在に。

っていうか、加藤久嵩が絵美の兄!?
写真があるから嘘ではないんだろうけど、苗字が違うのが気になる。

絵美が久嵩と兄妹であることを知っていてJUDAにいるのかどうか
よくわからないけど、今回で完全に決別した以上・・・
今後は単なる兄妹ゲンカになるのでは?w



鉄のラインバレル Vol.3 [DVD]鉄のラインバレル Vol.3 [DVD]
(2009/02/25)
柿原徹也能登麻美子

商品詳細を見る

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:終 了鉄のラインバレル
なぜか突然帰ってきた矢島となぜかお食事会。

会話に戦々恐々とする理沙子と浩一が面白かった。
なんなんだあの顔はw


その後、緊急任務でJUDAに呼び出されたわけだけど、
理沙子と会っていたことを咎める絵美は可愛いなぁ・・・。

激しい突っ込みをするシズナの一言に、
絵美と美海とで同時に「ピクッ」と怒りのオーラを発しながら
反応する描写も良かった。


相変わらず浩一はもてますなぁ・・・。
もっと頑張れ山下!



で、なぜか今度はJUDAのメンバーと矢島や理沙子を交えて
カラオケをすることに。

JUDAの誤解を解いてもらうのが目的らしいけど、、、
なんとも学生らしい方法だと思った。

理沙子と美海の浩一争奪戦が過激すぎ!
一方の絵美は歌を選ぶのに夢中・・・
そりゃ~カラオケ来るの初めてだったらそうなるかな。
っていうか、地球の歌知ってるのか?


などとのんきに遊んでいたら矢島が突如本性を現して
絵美をさらってしまった。


矢島なんでも加藤機関に助けられたらしい。
あの状況で五体満足無事だったとは思えないし・・・
サイボーグかなんかなのかな?

っていうか絵美を取られるとヤバイのでは?



鉄のラインバレル Vol.2 [DVD]鉄のラインバレル Vol.2 [DVD]
(2009/01/21)
柿原徹也能登麻美子

商品詳細を見る


テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:終 了鉄のラインバレル
冒頭のレイチェルの登場シーンが面白かった。
戦闘機で颯爽と登場したのはいいんだけど、
レイチェルを降ろした後に飛び立つ戦闘機の爆風に飛ばされて
上方のバーに引っかかるとは・・・なかなかできることではないぞw

戦闘機のエンジンの爆風ってやっぱり子供を吹き飛ばすくらいの
パワーはあるのかなぁ。

いや、決してレイチェルが子供だと言っているわけではありませんよー



その後すぐにJUDA奪還作戦を開始したんだけど、
石神さん・・・w
実は生きてるんじゃないか?って思ってしまうくらいに
リアルな嫌がらせトラップの数々。


緒川さんのごにょごにょ、聞きたかったなぁ。
っていうか、山下やイズナもスリーサイズちゃんと言ったのか!?
男でスリーサイズ自分で把握してる人なんていないと思うけど。。。


浩一が必死に時間稼ぎのために戦っているというのに、
イマイチのんきな潜入部隊。
しかも、緒川さんなんてSTAGE1でいきなりGAMEOVERだし。

・・・海に投げ出されて良く見つからなかったなぁ。


石神罰ゲームセキュリティシステムの最後は野球拳。
5人目の山下が最後の一枚を残して勝ったみたいだけど、
それ以前に4人は既に全部剥ぎ取られたってことだよね・・・。
勝った・・・のか?

しかも最後には石神のヌードを半強制的に見せ付けられるという
罰ゲーム付き。
勝った・・・のか?



浩一と桐山の戦いは中々良かった。
最初は浩一が一方的にやられていたんだけど、
だんだんと、桐山がラインバレルを手に入れた当初の浩一みたいな
発言するようになっていって歪んだ正義を押し付けるようになっていき、
最後には結局やられてしまった。


桐山がゼロ距離射撃しようとした時に助けてくれたのって誰だろ?
やっぱり矢島?

本当に生きていたのか、まだよくわからないけど
死んだけど実は生きていましたっていう展開は多用すると
あんまり面白くないと思う。



道明寺は早瀬軍団の意志を忘れていなかった!
最初から寝返るつもりで桐山に前線出撃を直談判してたのか。。。
かなりの策士だ。



やっとJUDAを取り戻して、ついでに桐山も滅ぼし、世論の誤解も解けたことで
これからは加藤機関との全面対決になっていくのか?
けど、加藤機関には森次がいるしなぁ。
結局、森次は全部の組織に通じていたのか。
一体どの姿が本物なんだろ?

山下に宛てた置手紙がすごく気になるところ。


ついでに唐突に復活した矢島も。
いっつも蚊帳の外の理沙子にあえて会いに来たっていうのも気になるところ。



鉄のラインバレル Vol.2 [DVD]鉄のラインバレル Vol.2 [DVD]
(2009/01/21)
柿原徹也能登麻美子

商品詳細を見る

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:終 了鉄のラインバレル
パンツじゃないから恥ずかしくないもん!

ふぅ・・・
このフレーズを意識しているとしか思えない絵美の格好。

っていうかジュディもなんで上着しか渡さないんだよw
後から来た山下とかも、その姿見ても何にも言わないしw


・・・やっぱりパンツじゃなかったのかなぁ・・・?



あと、冒頭の浩一の母と妹のTVインタビューが面白すぎた。
いくらなんでも歌まで歌いだしたら、他人が見てもやらせにしか見えなくて
確実に逆効果かと。

当然の如く、何度もTVで放映されて、浩一から帰る気を無くさせることに・・・。



そんな横須賀基地でのほのぼの避難生活も束の間、浩一とラインバレルを狙って
桐山の勢力が攻めてきた。
逃げ惑う浩一と絵美が遂に見つかって絶体絶命っ!という時にジュディが
自らを犠牲にしてデミトリーと共に燃料タンクに飛び込み爆死。

これこそまさに軍人の鑑!


浩一は強くなって絵美を守ると約束したけど、
戦力も殆どない状態で、一体どうするつもりなんだろ?

今はまだ、久鷹が遊び半分でゆっくり世界征服wやってるから何とかなっているけど、
敵が本気になったらひとたまりもないのでは?

何か隠し玉でもあるんだろうか?




鉄のラインバレル Vol.2 [DVD]鉄のラインバレル Vol.2 [DVD]
(2009/01/21)
柿原徹也能登麻美子

商品詳細を見る

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

| BLOG TOP |


copyright © きえさりそうなblog all rights reserved.Powered by FC2ブログ
FC2動画 サーバー・ホスティング SRS私設私書箱センター(電話) 国内格安航空券サイトe航空券.com 旅ポケドットコム アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。