現在の閲覧者数:

プロフィールじゃなくてヒトコト

きえさりそう

なまえ:きえさりそう
頂いたTBには返信しておりますが、一部届かないブログ様もあるようです。適宜再送しておりますが、それでも不着の場合は何卒ご容赦願います。

ゆったり適当にだら~んと更新しています。
全話感想はしておりません。
感想を書きたい時に書きたい分だけ適度に書いてます。

―――――――――――――――
超不定期更新です。

にしても唐突に復帰しすぎだろwwwww


最近の記事


カテゴリ


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント


天気予報&古いプラグイン等


-天気予報コム- -FC2-


「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

ブログ内検索


にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ 無料blog にほんブログ村 アニメブログへ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:終 了鉄のラインバレル
浩一vs矢島!
最初はマキナで戦っていたのに、なぜか途中で降りてただの殴り合いに。(^^;
まぁ、熱いから良いけど。


何にもわかっていないのかと思っていた浩一は、実は結構色々と理解していて
矢島の理沙子への恋心も気付いていたのか。。。

いつから気付いていたのかわからないけど、もしラインバレル入手前の時期から
知っていたんだったら、それを矢島に悟られずに助けられ続ける浩一も結構な策士かと。


浩一に説得された、というかもう助けは不要宣言をされた矢島はあっさりと加藤機関を
裏切ってJUDAの仲間に。

随分と簡単に裏切るなぁ。
まさかまたこんな調子で浩一を裏切るようなことはしないよな・・・。


JUDAへの執拗な攻撃はスフィアを打ち込むための陽動・・・を意図していたわけでは
ないんだけど、結果的にそうなってしまった。
加藤機関内も色々と不調があるみたい。



あと、JUDA防衛戦では美海のやられっぷりが際立っていた。
マサキにマキナが泣いていると言われて、かなりショックを受けていたし、、、
思いつめて変な行動起こしたりしなければ良いけど。



鉄のラインバレル Vol.3 [DVD]鉄のラインバレル Vol.3 [DVD]
(2009/02/25)
柿原徹也能登麻美子

商品詳細を見る

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




copyright © きえさりそうなblog all rights reserved.Powered by FC2ブログ
FC2動画 サーバー・ホスティング SRS私設私書箱センター(電話) 国内格安航空券サイトe航空券.com 旅ポケドットコム アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。