現在の閲覧者数:

プロフィールじゃなくてヒトコト

きえさりそう

なまえ:きえさりそう
頂いたTBには返信しておりますが、一部届かないブログ様もあるようです。適宜再送しておりますが、それでも不着の場合は何卒ご容赦願います。

ゆったり適当にだら~んと更新しています。
全話感想はしておりません。
感想を書きたい時に書きたい分だけ適度に書いてます。

―――――――――――――――
超不定期更新です。

にしても唐突に復帰しすぎだろwwwww


最近の記事


カテゴリ


最近のトラックバック


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント


天気予報&古いプラグイン等


-天気予報コム- -FC2-


「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

ブログ内検索


にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ 無料blog にほんブログ村 アニメブログへ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:終 了鉄のラインバレル
え・・・っと?
加藤機関と共闘?

いきなりなんということでしょうw

久嵩の今までの行いは全て、異世界からの侵略に対抗するための
力を蓄える準備だったらしい。
というよりは、JUDAのメンバーを鍛えるため、だったのかな。

浩一も言っていたが、その割りには多くの犠牲を出しすぎなような・・・。
けど実際のところ、それくらいやらないとみんな本気にならないだろうし、
短期間でJUDAを育て上げることなんて無理だったんだろうけど・・・
浩一達にとっては腑に落ちないだろうなぁ。

っていうか、ここ最近の美海や山下に対する罵詈雑言も、全てはJUDAの成長を
促すためのものだったのか・・・。



ついでに明かされる、加藤久嵩と絵美の過去。
二人の苗字が異なっているのは、久嵩だけ母方の旧姓を名乗っていたからみたい。
一体何のために・・・?
父親を自分の手で殺したことに対する償いみたいなものなんだろうか。

どちらにしろ息子のアンドレイの勘違いで一方的に殺されたスミルノフ大佐よりは
幾分マシではあるけれど、あんまり後味は良くないよなぁ。



鉄のラインバレル Vol.4 [DVD]鉄のラインバレル Vol.4 [DVD]
(2009/03/25)
柿原徹也能登麻美子

商品詳細を見る

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




copyright © きえさりそうなblog all rights reserved.Powered by FC2ブログ
FC2動画 サーバー・ホスティング SRS私設私書箱センター(電話) 国内格安航空券サイトe航空券.com 旅ポケドットコム アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。