現在の閲覧者数:

プロフィールじゃなくてヒトコト

きえさりそう

なまえ:きえさりそう
頂いたTBには返信しておりますが、一部届かないブログ様もあるようです。適宜再送しておりますが、それでも不着の場合は何卒ご容赦願います。

ゆったり適当にだら~んと更新しています。
全話感想はしておりません。
感想を書きたい時に書きたい分だけ適度に書いてます。

―――――――――――――――
超不定期更新です。

にしても唐突に復帰しすぎだろwwwww


最近の記事


カテゴリ


最近のトラックバック


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント


天気予報&古いプラグイン等


-天気予報コム- -FC2-


「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

ブログ内検索


にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ 無料blog にほんブログ村 アニメブログへ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:終 了鉄のラインバレル
加藤機関がずっと対策を進めてきていた次元を超えた侵略が
遂に始まった・・・。
今のところ敵の正体がイマイチはっきりしないけど、人間を浚って
受精卵から遺伝子レベルにまで退行させているところを見ると
侵略意思があるのは明らかみたい。

全人類を全て一つにまとめる・・・
人類補完計画もそんな感じのものじゃなかったっけ?



加藤機関の元メンバーも何人か敵陣営にまわっているみたいだった。
いつの間にそんな状況になっていたんだろ?(^^;
前回そんな話があったのかもしれないけど、JUDAと加藤機関の
共闘宣言によるインパクトが大きすぎて覚えてないw



森次と共に敵陣に切り込むことになった浩一だったけど、
マサキとの戦いの中で絵美が・・・!
まさかあんなところで絵美が死んでしまうとは思わなかった。
まぁまだ確実ではないんだけど、あの傷と出血量じゃ厳しいでしょう。

矢島みたいに加藤機関に拾われて・・・っていうのも加藤久嵩が
散ってしまった以上、可能性は低そうだし・・・。


皮肉なことに絵美を失った(憶測)ことで、ラインバレルが真の力に目覚めた。
しかしその代償は余りにも大きい・・・。

ってなんか、ポップのメガンテと引き換えに記憶を取り戻したダイみたい。(^^;


ただ、いくら真の力に目覚めたとはいえ、圧倒的な戦力差がるという状況は
変わらないわけで、、、勝ち目はあるんだろうか。
まさか最後に実は理沙子にも秘めたる力が・・・ってことはないよなぁw



Dragon quest―ダイの大冒険 (1) (集英社文庫―コミック版)Dragon quest―ダイの大冒険 (1) (集英社文庫―コミック版)
(2003/06)
三条 陸稲田 浩司

商品詳細を見る

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




copyright © きえさりそうなblog all rights reserved.Powered by FC2ブログ
FC2動画 サーバー・ホスティング SRS私設私書箱センター(電話) 国内格安航空券サイトe航空券.com 旅ポケドットコム アフィリエイト・SEO対策 カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。